防災士は語る

内山 宏和さん

(工学院大学建築学科4年・2009年12月防災士資格取得)

内山宏和さん

なぜ防災士の資格を取得しようと思いましたか

 大学で学んでいる「地震防災」の知識をブラッシュアップしたいと思っていたときに、大学の研究室の先生から「防災士」の研修について大学で希望者を募っていると聞き、防災士研修センターの研修を受講しました。

防災士の資格をどのように役立てたいですか

 地域の自主防災組織への参加や、万が一の災害時の活動などの場面で役立てたいと考えています。私たちが住む社会の安全を守るためには、一人ひとりが防災について心がけていなければならず、まずは知識として防災を把握する必要があると感じています。
 また私は学校の教員を目指しているので、そこでの防災教育に役立てたいとも思っています。学生の頃から防災について考える時間をもち、知識・技術を身につけさせ、それらの取り組みから地域について、隣人について考えることのできるような人材を育てる防災教育を実行していきたいです。

現在取り組んでいること

 現在防災士としての取り組んでいることは特にはありませんが、研究を通し防災全般の知識の向上に励んでいます。また最近は地域住民や自治体・企業などとの連携を考え、地域の繋がりを防災という観点から見直し、建築の観点からより良い街づくりができたらと考えています。

今後の課題・抱負

 地域や学校での防災教育・防災対策の現状を研究し、そこでの問題点を把握することで防災教育をどのように実施していけば良いのかを考えていきたいです。そして将来学校でそれらを活かし、防災を通じた地域と学校との繋がりを、より強めていけたらと思います。

「防災士は語る」トップのページに戻る

当センターについて  プライバシーポリシー  お問い合わせ
Copyright 2004-2010(C) Bousaishi Training Center All rights reserved.