防災士インタビュー

長村章子さん

お仕事の内容をお聞かせください

インターナショナルスクールで、主に社会科を中高生に教えています。国籍や海外経験など多様な背景を持つ生徒たちに教えることは大変ですが、元気な生徒たちからパワーをもらいながら楽しく、また実生活に役立つ勉強ができるように心がけています。

ご自身で被災された経験がございましたら、お聞かせください

東日本大震災の時には横須賀に在住しており、自宅で地震を体験しました。ゆっくりと大きなうねりのような揺れは、それまで体験したことのないものでした。テレビで東北の津波の映像が流される中、横須賀にも津波警報が発令されましたが、横須賀は湾内だから安全という認識が強く、避難する人はほとんどいなかったようです。私は海の無い埼玉県育ちのため、ここが安全だという保証はないと思い自主的に避難しました。
また、ひとたび災害が起こると、地震後の計画停電や生活用品の買い占めによって、それまでの自由に電気が使え、物が流通していた生活が簡単に崩れてしまうのだということを痛感しました。そして日頃から備えておくことの重要性を実感しました。

なぜ防災士の資格を取得しようと思われましたか

東日本大震災後のテレビ報道で、防災士という資格があることを知りました。震災を受けて防災ということに関心がありましたが、そのことを学び資格として持つことは市民として、また教師として必要なことではないかと思いました。
都心にある学校のため、防災には特に日頃から力を入れて、災害時には生徒たちの避難誘導など安全を確保することが重要と考えています。また、近年増えている異常気象による想定外の水害等に対応するためには、地震のみならず防災に関して総合的に学ぶことができる防災士の資格は、今後ますます必要とされるものになると考えて取得を決めました。

防災士の資格を取得して得たことを、どのように役立てようとされていますか

授業や生徒たちとの普段の会話の中で、防災について話す機会を持てればと思っています。また、地域での防災活動にも関心を持ち、市や町内会で行われている防災イベントに参加するなど、防災士としてお役に立てることがあれば、ぜひお手伝いしたいと願っています。

現在、実際に取り組まれていることがありましたらご紹介ください

社会科の授業で、「非常持出袋」「備蓄品」「家庭での備え」の三つの項目について、何が必要か生徒たちに自由に書いてもらい、その後で防災士講習でいただいた資料をもとにして、よりよい備えのために必要なことをお話しました。生徒たちも震災体験を通して防災の重要性を感じているようで、熱心に授業に取り組んでくれました。

今後の課題、抱負をお聞かせください

防災士講習で、個人個人が防災について関心を持ち、国や自治体任せではなく自分の命はまず自分で守るのだという認識を持つことの大切さを感じました。そのために、日頃から、家庭や職場にいるときだけではなく、外出先の様々な状況下でも「今ここで地震が起きたら、また水害が起きたら」と想定し、避難や救助に関してシミュレーションしておくこと、また自分自身が防災士としての自覚を持って職場や地域の防災に貢献できるように、学び続ける必要があると感じています。

防災士について
防災士インタビュー